>

自由度が高いと言われる注文住宅で失敗しないポイント

家族構成に合わせて決めよう

この記事をシェアする

部屋の位置やサイズ

まずは玄関を決め、その向かいにトイレを置かないように気を付けましょう。
玄関からトイレが見えると、お客さんが来た時に恥ずかしいですし、どうしても臭いが気になってしまいます。
玄関を通らずに洗面所からリビングに行けると、急なお客さんが来た時でも安心できますね。

キッチンは、収納スペースを増やすのがおすすめです。
調理器具がたくさんあっても全て収納できるので、散らかりません。
場所がないからと調理器具を常に出したままにしていると、汚くなってしまいます。
見栄えが悪く衛生状態も良くないので、きちんと使わない調理器具は片付けてください。
またリビングを広めに確保すると家族の人数が多くても、みんながゆったりと過ごせます。

子供や高齢者がいる家庭

小さな子供がいる、またこれから育てる予定がある人はキッチンからリビングが見えるような間取りにしましょう。
自分が料理をしている時でも、子供の気配を感じながら様子を常にチェックできるので事故を防げます。
一瞬目を離した時に子供が転ぶなど、家庭内で事故が起こりやすく、安心して子育てができるよう工夫しましょう。

家族に高齢者がいるなら、廊下に手すりをつけましょう。
手すりがあれば足腰が弱っている人でも1人で移動でき、快適な生活を送れます。
バリアフリー機能があると身体が不自由な本人だけでなく、自立を促すことにもつながり介護をする側の負担を削減できると覚えておきましょう。
後からバリアフリー機能を取り付けると費用が高くなるので、注文住宅を建てる時に、はじめから取り付けるのが良い方法です。